ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

知立市歴史散歩 ~八橋・かきつばた~ その2

在原寺

写真 2018-06-17 12 13 18 (1024x768)

★★★

根上がりの松

写真 2018-06-17 12 22 11 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 22 28 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 20 42 (1024x768)

知立松 (915x1280)
歌川広重の『五十三次名所図会』に絵が描かれているものと同一らしい
だとすれば、少なくとも江戸時代後期からず~っとこの地にあるということだ
感慨深いのぅ

★★★

業平塚

写真 2018-06-17 12 24 55 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 24 51 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 25 24 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 25 42 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 25 17 (1024x768)
在原業平の遺骨の一部をここへ埋葬してあるそうだ

スポンサーサイト

知立市歴史散歩 ~八橋・かきつばた~ その1

写真 2018-06-17 11 39 04 (1024x768)
矢印のところが今回立ち寄ったところ

中学か高校の国語の授業で『伊勢物語』を習いませんでした?
そのとき、“からころも/きつつなれしに/つましあれば~”の『東下り』の段で
在原業平の歌が出てきますが、その舞台が

ここ、知立市なのです!

あと京都の銘菓、『八橋』もここ知立に残る伝説がモチーフとなって名付けられたお菓子
※詳細はググってくだされ

★★★

無量寿寺

写真 2018-06-17 11 40 50 (1024x768)
今年のかきつばた祭りは肝心のかきつばたの調子が悪く中止だそうです

写真 2018-06-17 11 42 30 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 05 08 (1024x768)

写真 2018-06-17 12 05 23 (1024x768)

つづく

昭和元禄落語心中10巻(特装版)

最終巻に書き下ろしエピソードがついているということで
紙のコミックのほうを購入!
※電子書籍版にはついていないのだ

写真 2018-06-06 21 35 14 (1024x768)

★★★

。。。読了

え~と、

本編を楽しむ上で必要なエピソードではなかったです!


本編の最後の最後で出てきた“例の謎”
本編ではあの人なのかな?この人なのかな?と
うやむやなまま終っていたのだけど
このエピソードを素直に読むと「もうこっちしかないじゃん!」と答えがわかってしまいます

ちょっとこのエピソードは蛇足だなぁ
(だからこそ本編には入れなかったんだろうけど)

★★★

アニメ版も観ました!

話数の都合だろうけど原作からだいぶカットされてるので
アニメ観て面白かった人は絶対原作を読んだほうがいい

アニメ版の良いところ
≪落語のパートが原作より長く演じられている≫

≪八代目八雲役の石田彰の演技が素晴らしい≫

八代目八雲(菊比古)の20代のころから老年までを演じ分けている!
最初、別の人かと思った
あと落語がまだヘタだったころと名人と言われるようになったころとでも
演じ分けが絶妙
菊比古がお芝居で女形を演じるところを演じたシーンも凄い!

Amazonで“落語シーンが下手くそ”みたいなコメントを見かけたけど
本物の噺家(落語家)じゃないんだから、比べるのが間違いだろ
気にするところはそこじゃない
あの細やかな演じ分けに耳を傾けなさいよ

★★★

この作品、実写化できたらいいのになぁ
(すでに水面下で動いていそうだけど)

実写化を難しくさせているポイントは
≪落語をするシーン≫

≪八代目八雲の青年期と老年期をどうするか≫

アニメ以上に落語をするシーンは噺家さんぽくやらないといけないと思うんだけど
演じることは可能なのか?
(落語を題材にしたドラマ、映画はどうしてたのかな)

八雲役、アニメは青年~晩年まで一人の役者さんが演じたけど
実写も同じ人で通して演じるなら特殊メイクかな~
大河ドラマみたいに老けても若いまんまだと雰囲気壊れちゃうんだよね
同じ理由で
青年期と老年期を別の役者にするものこの作品に関しては避けたほうがいいだろう

大変だろうけど、実写化できたら大ヒット間違いなしだと思う

そして、また≪落語ブーム≫が起きる!w

柳蔭

落語『青菜』の1シーン

ご隠居さん:「植木屋さん、ご精が出ますな。今、ここで大阪の友人からもろうた柳陰をやってるんだが、植木やさんもこちらに来て1杯おやりよ」
植木屋さん:「へい、ごちになります。(ゴクリ)...あれ?これ直しじゃねぇんですか?」
ご隠居さん:「大阪では柳蔭、東京では直しというな」




この『青菜』に出てくる“柳蔭”というお酒が実に旨そう!(に、噺家さんが飲む)

『柳蔭』という名前の日本酒がかつてあったのだと思っていたら
そうではなく
味醂と米焼酎のカクテルのことだった!

もともと味醂は調味料ではなく栄養ドリンクとして飲まれていたそうだ
ただ、味醂ストレートだと味が濃過ぎるため、焼酎で割って飲みやすくしたのが『柳蔭』
※飲みにくい味醂を飲みやすく“直し”たから、東京では『本直し』と呼ばれた

落語では“大阪”、“東京”と出てくるから時代設定は明治以降なのだけど
柳蔭は江戸時代から庶民に飲まれていたお酒



江戸時代の書物によると味醂と焼酎を1対1で割るとあるんで
自分で作れるじゃん!、、、って思ってたら

写真 2018-06-05 22 11 32 (1024x768)

今でも作っている酒蔵がありました!
※酒屋で見かけないので、蔵元より取り寄せした

写真 2018-06-05 22 11 59 (1024x768)
『落語にも登場する』って紹介されてますね



落語が好きで、興味をもっただけなので味については全く期待してなかったんだけど

これが

予想外に旨かった!

江戸時代の人は日本酒の代用として飲んだようだけど
それ、すごくわかる!
日本酒ぽい

つーか、人によっては日本酒より旨いと感じるかも!
(スーパー、コンビニで手に入るような安い日本酒より旨いと思う)

味醂由来の甘さなのかな
濃くのある甘さ

いやぁ、コレふつうに酒屋で買えるなら定期的に飲みたいなぁ

Amazon fire HD8

電子書籍リーダーを先月買ったのに、もう別のを購入!
※これは電子書籍リーダーではなくてタブレットだが

写真 2018-06-07 22 10 07 (1024x768)
やはりカラーはいいよ
画面サイズが大きいのもいい
(その代わり重くなり、連続稼働時間が短くなってしまったが)

欲をいえば、、、
電子書籍リーダーでこのサイズでカラー表示できるモノを出して欲しい!


そしたら、またすぐ買い換える!w



写真 2018-06-07 22 07 37 (1024x768)
※iPad miniとの比較

fireタブレットのほうがやや大きい
あと読んでるときは気にならなかったけど
こうやって比較するとfireのほうが明るいんだね
(iPadは明るさMAXなのにこの差)

ページの拡大、縮小の反応具合はiPadとほぼ同等でグッド!

映画/ビデオも観られる!



ちょっとiPad買ったの後悔してますw