FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画/ドラマ/アニメ
CATEGORY ≫ 映画/ドラマ/アニメ

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

20190330-ikutsumonokatasumini_full.jpg

前回と何が違うのかと思ったら
ただの『原作完全版アニメ』だった

前回はオトナな場面がカットされていたのが
今回は完全アニメ化されていた

あと原作にないセリフやシーンが追加され
原作読んでてもわかりづらかった人間関係がよりわかりやすくなってた



周作がすずに「あれが戦艦大和だ」って教える場面
当時、大和は極秘扱いで国民は知らないはずでは?と疑問に思ったけど
調べたら呉市では軍港から大和も武蔵も丸見えの上に
噂で軍艦の名前まで知れ渡っていたそうだ

軍艦、戦闘機等のミリタリー描写は原作よりも濃厚



前作のときは違和感なかったけど
原作読んで改めて今作を観ると
主人公すずの声に違和感が…(^^;
声優としての発声でなく、素で演じてるだけだからなぁ
浮いてるね
主人公すずと彼女のキャラがリンクしてるところがあるから
わかっている人には「これはこれであり」って気になるけど
彼女のこと知らない人がこのアニメだけ観たら
きっと「???」ってなると思う

終戦直後、すずがブチ切れるシーンも
なんか『あまちゃん』でも観てる気分になったw

ちなみに、前回も不思議に思ったけど
それまでそれらしい描写がなかったのに
なんであそこですずはブチ切れたんだろうね?
今まで不思議ちゃんキャラみたいな感じだったのに
いきなり覚醒したみたいな?

あの場面だけ、すずではなく作者自身のメッセージみたいな感じで
唐突なんだよな~



約3時間という長い映画だったけど
しっかり楽しめた
前回と同じはずなのに
別の作品みたいな印象だった

ちなみに観客は僕1人でしたw
(足を前の座席に放り出してスマホいじってるアホがいたけど途中で消えた)

人がいないから音がよく聞こえる!
貸切上映で気分がよかった

スポンサーサイト



『プライド 運命の瞬間(とき)』

916-KRonb-L__AC_SL1500_.jpg

この映画が公開された当時
(今にして思えば)左翼な人たちとお付き合いしていまして
「戦犯である東條英機を英雄視するとんでもない映画がある!
上映を中止させるべく抗議運動をしよう!」

と、誘われました(上映中止の署名をしよう、だったかな?)

実際、その人たちではないけど
試写会かなんかでスクリーンをナイフで切りつける事件があったそうだ

言っとくけど、僕は参加や協力はしていませんよw

とは、言え当時の僕は立派な“戦後教育”を受けていますので
漠然と東條英機=戦争を起こした悪い人物みたいなイメージがあったため
この映画は見なかった
(この映画はウソばかり!みたいなことを教えてくれる人がいたせいもあるw)



今回この映画を観ようと思ったきっかけは
YouTubeで東京裁判の記録ビデオを観たからだ

最初、昔の映画かと思ったけど
東條英機やはじめ、いわゆるA級戦犯と言われた人たちが登場している

この動画+史実として残っている事実を調べると

実は

『東京裁判』というのは裁判でないことがわかる

そして
『東條英機はじめいわゆるA級戦犯=戦争を起こした悪い人たち』
という認識も崩れる

そこで、あの時は『ウソ映画』と言われて観なかったけど
俄然興味が湧いて観ることにした



感想

津川雅彦(東條役)がどう見ても津川雅彦w

記録ビデオである実際の東京裁判をかなりリアルに再現している
(逆をいえば、記録ビデオ観るだけで充分かも)

先にこの映画を観てから実際の東京裁判を観たらびっくりするだろうね
「本当のことだったんだ・・・」と

右翼よりな人が作った捏造映画ではなく
事実に基づいた映画(実際の記録ビデオもあるわけだし)なので
本来なら多くの日本人が観るべき映画だと思う
が、
難しいんだろうねぇ。。。



この映画では東條英機しかフィーチャーされておらず
他のいわゆるA級戦犯は取り上げられていない
しかも、その東條英機にしたって深く掘り下げられているわけでもないので
『東京裁判』に興味を持つきっかけとして優秀な作品
と、思った

事前にいろいろ調べた後で観ているので
ちょっと冷めた見方をしてしまったかな

でも、これ観て感動したのなら
史実を知るともっと感動すると思います

★★★

実は、明日12/23はいわゆるA級戦犯が絞首刑された日なのである
映画を観終わった後お墓参りに行こうかと思ったけど
(実は、愛知にお墓があるのだ!)
雨降ってきたし暗いしで断念しました・・・

ちなみに、12月23日は当時皇太子であった先の平成の天皇陛下の誕生日
東京裁判、起訴状の提出が昭和天皇の誕生日である4月29日
ここだけで特殊な内情が見え隠れしてるでしょ?

『シティーハンター 史上最香のミッション』

今年の春の劇場版『シティーハンター』も素晴らしかったけど
このフランス版『シティーハンター』も素晴らしかった!

写真 2019-12-05 11 44 45 (765x1024)

コミック実写化、かくあるべし!!

フランスコメディー映画ってこんな感じなの?みたいな要素はあるけど
その他は完全に原作を研究し尽くした上での実写化
脚本のレベルもアニメ版にあってもおかしくないほど『シティーハンター』だった

ちなみに、この映画は字幕版なし
吹替版しかない
冴羽と香以外のメインキャラはオリジナルと一緒
「う~ん、またギャラとか政治的な問題が絡んでるのかなぁ?」と
思って観てたけど「あれれ?お2人出てるじゃんw」

山寺宏一は嫌いじゃないけど(いや、むしろ好き)、
何見ても山寺宏一が出てる
山寺宏一が出てればOKみたいな感じがしてなんだかなぁ、なんだよ!
個人的にはこの実写版CHも神谷明でやってほしかったな
(山寺版冴羽リョウも良かったけどね)

「いだてん」トークツアーin桑名

桑名市・六華苑
写真 2019-08-04 12 06 17 (1024x768)
NHK大河ドラマ『いだてん』のロケ地
家からクルマで行ける距離にロケ地があったとは!!



その後、ここから近くのある会場にて『いだてん』トークイベントに行きました
(入場料は無料なんだけど事前に応募して抽選に当たらないと観覧できない)

写真 2019-08-04 13 36 51 (1024x768)
撮影は一部のコーナーのみOKという趣向

写真 2019-08-04 13 40 47 (1024x768)
金栗四三役の中村勘九郎と元オリンピック・マラソン選手


★ ★ ★


観覧後、会場の裏口でプレゼントらしきものを持ったオバチャンたちが集まってるところを目撃
「たぶん、あれ出待ちしてるんだよ」ってつぶやいたら
嫁が

え!?見たい!見たい!

と、大騒ぎ
そもそも今回の観覧は、四三役の中村勘九郎をナマで見たいという息子の要望から来てるので
当然、子どもも「見たい!」

いつ出てくるかわからないのに?とうんざりだったんだけど
30分くらい待ってたらオバチャンが騒ぎだした!

写真 2019-08-04 15 28 34 (1024x768)
司会のお姉さん、カワイイ♪

写真 2019-08-04 15 28 43 (1024x768)
中村勘九郎氏
お、息子を見てる見てる

写真 2019-08-04 15 28 44 (1024x768)
手を振り返してくれた

この後、歌舞伎役者ファンたちがプレゼントを突っ込んでたw


★★★

さてさて、問題の『いだてん』ですが
最初のほうはかなりおもしろくのめりこんでいたんだけど
ネット上の不評を気にしたのか徐々に脚本/演出がおかしな方向に。。。
20話辺りから一気に萎えてきました
ろくに観てもいない人の声を聞いたらダメだって!

あぁ、勿体ない!

今も息子といっしょに観てるけど
息子も口には出してないけど最初ほどのめり込んでないんだよなぁ
よそ事しながら見てるんだもん

『落語(志ん生)パートなんていらない!』って声に反応したのか
徐々に落語(志ん生)パートが減ってきている気がする。。。
オリンピックパートは変なテコ入れが入ったせいでおかしくなってるけど
落語パートは依然として良い出来なんだよなぁ
むしろ、ここだけやってほしいくらい!

あぁ、勿体ない!

『ドラゴンクエスト YOUR STORY』

1人で観るつもりが子どもも「観たい!」というので2人で視聴

写真 2019-08-02 16 36 10 (1024x768)

いやはや、公開初日に観てよかった!w

だって初日からネット上で賛否両論(圧倒的多数で“否”)で大炎上
平気でネタバレの上で酷評の嵐でしょ?
そんな状況を知ってからの観賞だと、もう身構えちゃって
あのインパクトを味わえないよw
ホント、“衝撃のラスト”です



問題のラストのアノ瞬間

そこまではこの映画、傑作とは言わないまでも良作じゃないの?と思って観賞してたのに
アレは凄かった!!w

一気に駄作に転落したからね~w

僕自身はゲーマーでもないし、ドラクエの大ファンってほどじゃないので
それらの観客のような怒りはないんだけど

あのオチは古い

その1点だね

★★★

細かなとこで悪い点を挙げると
ドラクエ5を知ってないとわかりにくい(説明不足な描写がある)
アニメ声優じゃなくて俳優による声に違和感(ヘタじゃないんだけど、なんかね)
最も違和感があったのがマーサ役
思いっきり“賀来千香子”って声じゃん!w
パパス(山田孝之)と釣り合いが取れてない(年齢がどうというわけでなく)
でも、エンドロール見たらほとんどのキャラを俳優さんたちが担当してたので驚いた

公開前にしきりに言われてた“キャラデザが鳥山明じゃない!?”だけど
このオチなら鳥山明じゃないのも納得



良い点も

ドラクエ5のストーリーを無理やり2時間に収めているとはいえ
ドラクエ5の魅力の要所、要所は押さえているので
観賞後、無性にゲームがやりたくなった

ビアンカとフローラがどちらもかわいく、ゲーム以上にどっちと結婚しようか悩むw
有村架純と波瑠、どちらかと結婚できると言われるくらい悩む!
後で知ったけどフローラ役の波瑠はもう1つ別の役もやってて驚いた
観てたときは気付かなかったよ

『ぱふぱふ』もサラリとねじ込まれてて笑った

★★★

小6の息子は難しいことは理解できていないので
単純にかわいいモンスターやカッコいいバトルに満足したようで
「ドラクエ5やりたい!」とすっかりドラクエファンになりました

僕も久し振りにやってます
この記事、書いてる現段階(9/1)でエビルマウンテンのとこまで来ました

やっぱり『ドラクエ5』良いですなぁ
全シリーズ遊んでないけど、『5』の主人公ってスゲー過酷な人生だよね
そこを理解しながらプレーすると映画より感動しますよ