FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 城郭/寺社仏閣
CATEGORY ≫ 城郭/寺社仏閣
       次ページ ≫

岐阜城跡

突然の休校で残り2週間ほどあった思い出作りができないまま卒業式
同じ愛知でも名古屋市はそれすらできなかったことを思えばありがたいと思うべきか

しかしながら、全員マスク着用させておきながら
校歌や国歌斉唱ではマスクをとるって、何ソレ意味あるの?
(歌以外はほぼ誰も声を発しない)

新型コロナ肺炎
いろいろ思うことはありますが、その都度FBにつぶやいているので割愛!

あ、そうそう予定してたホワイトスネイクの公演もまた延期!(中止になるのかも)
あと柳家喬太郎・桃月庵白酒の落語会も1年後に延期。。。

★★★

さてさて、ほとんど引きこもり生活を送っている息子のために
岐阜城にやってきました!

写真 2020-03-22 11 01 59 (1024x768)
山頂にちょこんと見えてるのが岐阜城天守
この山も含めた全体が岐阜城

麓から山頂へ登ることもできるようだけど大変なので素直にロープウェイを利用

写真 2020-03-22 13 52 46 (1024x768)

写真 2020-03-22 11 51 47 (1024x765)
明治に建てられた最初の模擬天守(本物は焼失しているので不明)
たしか、岐阜城が全国に先駆けて観光目的で建てられたお城のはず

写真 2020-03-22 13 54 51 (1024x768)

写真 2020-03-22 13 55 53 (1024x768)
天気がやや残念だけど、眺め最高!
信長(道三もか?)も見ていた光景かと思うと感動もひとしお

長年の発掘調査でわかってきた信長の居館跡
復元CGを見たけど、ホントあんな建物が建っていたとしたら激アツだよ

近年、従来の織田信長のイメージ、評価が変わりつつあるのだけど
岐阜城、安土城のぶっ飛んだ建築思想は間違いなくそれを命じた信長なのだから
少なくとも他の戦国武将とは一線を画す人物であったのであろうと想像できる



他には大河ドラマ館も見学
今年は大河ドラマ館、岐阜だけで3つ
他に京都や滋賀にもあるみたい
戦国モノだから気合入ってんね

初回から観てるけど、なかなか面白い
帰蝶役は川口春菜でよかったと思う


スポンサーサイト



岡崎市・矢作神社

たまたま近くの現場へ向かう際に見つけて驚いた!
写真 2019-09-08 12 27 55 (1024x768)
後日、戦艦にはまっている息子を連れて参拝

戦艦大和と一緒に沈んだ軍艦の中に『矢矧』というがあるってことは知ってたけど
まさか地元を流れる川に由来していたとはぬかったわ!!

戦艦の名前は船の種類によって旧国名/河川・山名/季節を現す言葉からつけられるという法則がある

写真 2019-09-08 12 27 41 (1024x768)
愛知県の歴史ネタといえば戦国時代・三英傑のイメージが強く
太平洋戦争にまつわるモノ、場所があるというのが意外だった

写真 2019-09-08 12 30 01 (1024x768)
矢矧(現在は『矢作』と表記)は
その昔ヤマトタケルがこの辺で採れた竹で矢を作らせたという故事が由来

写真 2019-09-08 12 33 00 (1024x768)
太平洋戦争のころ実際に艦長らがここに参拝した
この神社のご神体の分身が軍艦『矢矧』に祭られていた
『矢矧』の模型が奉納された
、そうである!

当時のことなのでもちろんプラモデルではないだろうけど
どんなものだったのか気になる
ご開帳とかあるのかな?

ちなみに、現在『矢矧』のプラモデルは売っています

★★★

今のところ僕が知る限りでは、あと2つ太平洋戦争ネタがあるので、またの機会に行きたいと思う

福知山城

写真 2019-08-09 11 27 33 (1024x768)

福知山城

来年の大河ドラマの主人公、明知光秀が建てた城
。。。だけど、建てたらすぐ明智秀満(息子かと思ったらそうではないようだ)に譲っているので
明智光秀が城主としてここに滞在した期間はほとんどないようだ



写真 2019-08-09 12 01 33 (1) (1024x768)
復元天守
やっぱ戦国期のお城は渋くていいねぇ
好きなタイプの天守です



写真 2019-08-09 12 04 21 (1024x768)
これこれ!
これが見たくてここに来たのよ
石垣に仏塔や石碑が使われている
(建物は復元されたものだけど、石垣は当時のまま)

信長に完成を急かされて急遽寺社から奪って石垣に転用したとか
(昔、TV番組でそう言ってました)

写真 2019-08-09 12 05 31 (1024x768)

写真 2019-08-09 12 03 49 (1024x768)

近藤勇の首塚?

息子を引き連れた史跡探索の大トリ!
(今回は全てお墓ばかりですが)

写真 2019-04-28 15 02 11 (1024x768)

岡崎市にある法蔵寺に来ました

写真 2019-04-28 15 05 24 (1024x768)

後の徳川家康である竹千代が勉学を励んでいたというお寺なのですが

写真 2019-04-28 15 06 42 (1024x768)

ここにはナント!!

写真 2019-04-28 15 09 55 (1024x768)

写真 2019-04-28 15 13 37 (1024x768)

近藤勇の首塚があるのです!!


いや~、マジ驚いた!
今川義元の首塚がうちのお墓の近くにあったのも驚いたけど
これはさらに驚いた!

岡崎市は戦国ネタは豊富だけど幕末ネタはサッパリなんだよね
なのに、こんなビッグネームが!!

なんで学校の先生教えてくれないんだよォォォ!?
(知らなかったんだろうけどサ)

※この首塚についての詳しい解説は他のサイトにお任せします

岡崎市にある皇族のお墓

周りは住宅地や田んぼで、山でもないなのにそこだけ木が生い茂ってて浮いてる場所ありませんか?

大概そーゆーとこって神社だったり、古墳だったり。。。

ってことで、前々から気になってたその場所に息子と一緒にやってきました!

写真 2019-04-28 13 49 52 (1024x768)
もっと遠景からの写真があればよかったな
ここもまさに周りは住宅地や田んぼなのにやたら木が生い茂ってる場所

写真 2019-04-28 13 46 54 (1024x768)
五十狭城入彦皇子陵墓
『イサキイリヒコノミコ』のお墓だった!
いや、知らない人だけどw
“皇子”とあるので皇族だ
調べたらヤマトタケルの兄弟に当たる人らしい
当然、このお墓は宮内庁管理下にある

近所を探すと地方豪族のお墓(古墳)はたくさん見つかるんだけど
こんな大物のお墓があるとは知らなかった!

さて、お次はもっと大物!

★★★

大友皇子のお墓だ!

写真 2019-04-28 14 25 46 (1024x768)

写真 2019-04-28 14 25 56 (1024x768)
思いっきり住宅地の真っ只中にありましたw

大友皇子といえば、歴史の授業で習う『壬申の乱』の片方の主役ですよ!
大海人皇子と皇位を争って敗北した人です。
テストにも出ましたよね?

その大友皇子が壬申の乱で、実はここ岡崎まで逃げ延びて命を落としたという伝説があるそうです
(史実としては自害して近江にお墓があります)

お墓の近くには大友皇子を祀る神社もあります↓
写真 2019-04-28 14 18 45 (1024x768)

写真 2019-04-28 14 16 44 (1024x768)

宮内庁が絡んでないので伝説レベルとして重要視されてないようだけど
実際に大友皇子のお墓なのかは別として何故遠く離れた岡崎にこれが作られたのか
その背景が気になります

ちなみに、このお墓の存在を知ったきっかけは
ちょうど最近手塚治虫の『火の鳥』を読んでまして
最後の“太陽編”の舞台が壬申の乱だったので
調べてたら岡崎市に大友皇子のお墓があることを知りました

あと、岡崎市にこうゆうものがありながら、小中高の先生、誰も教えてくれなかったぞ!?
歴史に興味を持たせる絶好のネタじゃないですか!?
僕が学校の先生だったら絶対授業で教えちゃうのになぁ
※僕は岡崎市出身

★★★

史跡探訪はまだまだ続きます

お次は、歴史ファンにとってはかなりのビッグネーム!

何故、岡崎にアノ人が!?