FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ エンタメ
CATEGORY ≫ エンタメ
       次ページ ≫

やはり中止か~

写真 2020-04-24 12 37 27
当初3/20の公演は延期で、チケットは有効ってことだったけど
結局中止に。。。(ノД`)・゜・。

デヴィッド・カヴァーデイルももう年なんで
これが最後の来日公演になるかもと思いプラチナチケットを買ってました

そのカヴァーデイルさん、コロナ禍で苦しんでいるファンに向けて
SNSでビデオメッセージ出したり、アコギで歌ってくれたりとてもステキです


スポンサーサイト



鬼滅の刃

久し振りにジャンプ買った
写真 2020-02-10 23 31 22 (1024x768)
子どもたちの間でブームだそうだ
アレ?ワンピじゃないの?って聞いたら
「誰も話題にしてないよ!」だってw
まぁ、ワンピ層はもう20~30代くらいか
今の子どもは『キメツ』だそうだ
うちの子もはまってて「読め、読め」いうので今10巻ぐらいまで読んでる

うん、面白い(^―^)

ワンピは上の娘がはまってて(今はもうそうでもないと思うが)
ココイチでカレー食うときだけ読み進めてるけど
正直ワンピより面白いんじゃないか

いや、ワンピも面白いんだけど
ダラダラし過ぎだよね
ギャグのノリや感動のさせ方がワンパターンなんで
最初は良いと感じてたけど段々退屈になってきた
30巻ぐらいで上手くハッピーエンドにしてたら名作になったと思うけど
もったいないね
まぁ、ジャンプの悪いクセだよね

で、キメツも本誌ではラスボスと戦ってるみたいなので
そのまま大団円になるのか、はたまた。。。?

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

20190330-ikutsumonokatasumini_full.jpg

前回と何が違うのかと思ったら
ただの『原作完全版アニメ』だった

前回はオトナな場面がカットされていたのが
今回は完全アニメ化されていた

あと原作にないセリフやシーンが追加され
原作読んでてもわかりづらかった人間関係がよりわかりやすくなってた



周作がすずに「あれが戦艦大和だ」って教える場面
当時、大和は極秘扱いで国民は知らないはずでは?と疑問に思ったけど
調べたら呉市では軍港から大和も武蔵も丸見えの上に
噂で軍艦の名前まで知れ渡っていたそうだ

軍艦、戦闘機等のミリタリー描写は原作よりも濃厚



前作のときは違和感なかったけど
原作読んで改めて今作を観ると
主人公すずの声に違和感が…(^^;
声優としての発声でなく、素で演じてるだけだからなぁ
浮いてるね
主人公すずと彼女のキャラがリンクしてるところがあるから
わかっている人には「これはこれであり」って気になるけど
彼女のこと知らない人がこのアニメだけ観たら
きっと「???」ってなると思う

終戦直後、すずがブチ切れるシーンも
なんか『あまちゃん』でも観てる気分になったw

ちなみに、前回も不思議に思ったけど
それまでそれらしい描写がなかったのに
なんであそこですずはブチ切れたんだろうね?
今まで不思議ちゃんキャラみたいな感じだったのに
いきなり覚醒したみたいな?

あの場面だけ、すずではなく作者自身のメッセージみたいな感じで
唐突なんだよな~



約3時間という長い映画だったけど
しっかり楽しめた
前回と同じはずなのに
別の作品みたいな印象だった

ちなみに観客は僕1人でしたw
(足を前の座席に放り出してスマホいじってるアホがいたけど途中で消えた)

人がいないから音がよく聞こえる!
貸切上映で気分がよかった

『プライド 運命の瞬間(とき)』

916-KRonb-L__AC_SL1500_.jpg

この映画が公開された当時
(今にして思えば)左翼な人たちとお付き合いしていまして
「戦犯である東條英機を英雄視するとんでもない映画がある!
上映を中止させるべく抗議運動をしよう!」

と、誘われました(上映中止の署名をしよう、だったかな?)

実際、その人たちではないけど
試写会かなんかでスクリーンをナイフで切りつける事件があったそうだ

言っとくけど、僕は参加や協力はしていませんよw

とは、言え当時の僕は立派な“戦後教育”を受けていますので
漠然と東條英機=戦争を起こした悪い人物みたいなイメージがあったため
この映画は見なかった
(この映画はウソばかり!みたいなことを教えてくれる人がいたせいもあるw)



今回この映画を観ようと思ったきっかけは
YouTubeで東京裁判の記録ビデオを観たからだ

最初、昔の映画かと思ったけど
東條英機やはじめ、いわゆるA級戦犯と言われた人たちが登場している

この動画+史実として残っている事実を調べると

実は

『東京裁判』というのは裁判でないことがわかる

そして
『東條英機はじめいわゆるA級戦犯=戦争を起こした悪い人たち』
という認識も崩れる

そこで、あの時は『ウソ映画』と言われて観なかったけど
俄然興味が湧いて観ることにした



感想

津川雅彦(東條役)がどう見ても津川雅彦w

記録ビデオである実際の東京裁判をかなりリアルに再現している
(逆をいえば、記録ビデオ観るだけで充分かも)

先にこの映画を観てから実際の東京裁判を観たらびっくりするだろうね
「本当のことだったんだ・・・」と

右翼よりな人が作った捏造映画ではなく
事実に基づいた映画(実際の記録ビデオもあるわけだし)なので
本来なら多くの日本人が観るべき映画だと思う
が、
難しいんだろうねぇ。。。



この映画では東條英機しかフィーチャーされておらず
他のいわゆるA級戦犯は取り上げられていない
しかも、その東條英機にしたって深く掘り下げられているわけでもないので
『東京裁判』に興味を持つきっかけとして優秀な作品
と、思った

事前にいろいろ調べた後で観ているので
ちょっと冷めた見方をしてしまったかな

でも、これ観て感動したのなら
史実を知るともっと感動すると思います

★★★

実は、明日12/23はいわゆるA級戦犯が絞首刑された日なのである
映画を観終わった後お墓参りに行こうかと思ったけど
(実は、愛知にお墓があるのだ!)
雨降ってきたし暗いしで断念しました・・・

ちなみに、12月23日は当時皇太子であった先の平成の天皇陛下の誕生日
東京裁判、起訴状の提出が昭和天皇の誕生日である4月29日
ここだけで特殊な内情が見え隠れしてるでしょ?

『昭和天皇物語』と『昭和天皇論』

息子が戦艦、太平洋戦争に興味を持ち出したのを契機に
僕も昭和史について勉強しています

と、言っても漫画読むだけですがw

あ、一応『高校日本史A』(教科書)も購入しました(読んでないw)

写真 2019-12-24 21 32 32
『昭和天皇物語』
まだ連載中
幼少期から描かれていて、このまま戦中、戦後まで描かれるのであろう
描いて欲しい!(現在は原敬暗殺の辺り)

初めて自分で買ったイギリスの地下鉄の切符が宝物ってエピソード、
あとで紹介する『昭和天皇論』でも紹介されてて実話だと知る

続きが気になって仕方がない!

待っていられないのでこちらを購入!

写真 2019-12-24 21 33 15
『昭和天皇論』
こちらは主に戦後から逝去まで描かれている
作者が昭和天皇に心酔しきってるとはいえ
中立、公平に描こうという姿勢が感じられ安心して読める

戦争責任者として罰せよ
国民の税金で気ままに生活している
・・・などと考えている人は是非一度読んで欲しい

つーか、全国の学校図書館に置いて欲しい!

「天皇は神様、絶対的に偉い立場なんでしょ?
だったら、天皇が『戦争、やめろ!』と言えば原爆落とされなかったのでは?」
「天皇が『戦争をやれ!』と命令したから戦争が起こったんでしょ?」
みたいなことを子どもの頃、思ってたのですが
これを読めばちゃんと論破してくれます

ホント、図書館に置くべきだよ

読んでて目頭が熱くなるシーンが多々あった
戦後の巡幸で漁師に声をかける場面が一番ジーンと来たね



『昭和天皇論』を読んだらますます『昭和天皇物語』の続きが
待ち遠しくて堪らなくなった