FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年04月
ARCHIVE ≫ 2019年04月
      

≪ 前月 |  2019年04月  | 翌月 ≫

近藤勇の首塚?

息子を引き連れた史跡探索の大トリ!
(今回は全てお墓ばかりですが)

写真 2019-04-28 15 02 11 (1024x768)

岡崎市にある法蔵寺に来ました

写真 2019-04-28 15 05 24 (1024x768)

後の徳川家康である竹千代が勉学を励んでいたというお寺なのですが

写真 2019-04-28 15 06 42 (1024x768)

ここにはナント!!

写真 2019-04-28 15 09 55 (1024x768)

写真 2019-04-28 15 13 37 (1024x768)

近藤勇の首塚があるのです!!


いや~、マジ驚いた!
今川義元の首塚がうちのお墓の近くにあったのも驚いたけど
これはさらに驚いた!

岡崎市は戦国ネタは豊富だけど幕末ネタはサッパリなんだよね
なのに、こんなビッグネームが!!

なんで学校の先生教えてくれないんだよォォォ!?
(知らなかったんだろうけどサ)

※この首塚についての詳しい解説は他のサイトにお任せします

スポンサーサイト



岡崎市にある皇族のお墓

周りは住宅地や田んぼで、山でもないなのにそこだけ木が生い茂ってて浮いてる場所ありませんか?

大概そーゆーとこって神社だったり、古墳だったり。。。

ってことで、前々から気になってたその場所に息子と一緒にやってきました!

写真 2019-04-28 13 49 52 (1024x768)
もっと遠景からの写真があればよかったな
ここもまさに周りは住宅地や田んぼなのにやたら木が生い茂ってる場所

写真 2019-04-28 13 46 54 (1024x768)
五十狭城入彦皇子陵墓
『イサキイリヒコノミコ』のお墓だった!
いや、知らない人だけどw
“皇子”とあるので皇族だ
調べたらヤマトタケルの兄弟に当たる人らしい
当然、このお墓は宮内庁管理下にある

近所を探すと地方豪族のお墓(古墳)はたくさん見つかるんだけど
こんな大物のお墓があるとは知らなかった!

さて、お次はもっと大物!

★★★

大友皇子のお墓だ!

写真 2019-04-28 14 25 46 (1024x768)

写真 2019-04-28 14 25 56 (1024x768)
思いっきり住宅地の真っ只中にありましたw

大友皇子といえば、歴史の授業で習う『壬申の乱』の片方の主役ですよ!
大海人皇子と皇位を争って敗北した人です。
テストにも出ましたよね?

その大友皇子が壬申の乱で、実はここ岡崎まで逃げ延びて命を落としたという伝説があるそうです
(史実としては自害して近江にお墓があります)

お墓の近くには大友皇子を祀る神社もあります↓
写真 2019-04-28 14 18 45 (1024x768)

写真 2019-04-28 14 16 44 (1024x768)

宮内庁が絡んでないので伝説レベルとして重要視されてないようだけど
実際に大友皇子のお墓なのかは別として何故遠く離れた岡崎にこれが作られたのか
その背景が気になります

ちなみに、このお墓の存在を知ったきっかけは
ちょうど最近手塚治虫の『火の鳥』を読んでまして
最後の“太陽編”の舞台が壬申の乱だったので
調べてたら岡崎市に大友皇子のお墓があることを知りました

あと、岡崎市にこうゆうものがありながら、小中高の先生、誰も教えてくれなかったぞ!?
歴史に興味を持たせる絶好のネタじゃないですか!?
僕が学校の先生だったら絶対授業で教えちゃうのになぁ
※僕は岡崎市出身

★★★

史跡探訪はまだまだ続きます

お次は、歴史ファンにとってはかなりのビッグネーム!

何故、岡崎にアノ人が!?

ルニフェルホソアカクワガタ

久々(?)に購入
写真 2019-04-23 20 53 35 (1024x768)
ルニフェルホソアカクワガタ
ボルネオ島のクワガタ

写真 2019-04-23 20 52 44 (768x1024)
今までに(お店で)見たことあるはずだけど
このサイズは見てなかったので購入にはいたらなかったのだと思う

デカイ!
このクワガタにしては、ね(50mm)

写真 2019-04-23 20 53 20 (1024x768)
アゴの間にある突起物は『頭盾(トウジュン)』と呼ばれるモノ
何のためにあるのか気になる。。。

鈴本演芸場 夜の部

式場から近いところでとホテルを検索したら
たまたま鈴本演芸場が近くにあったので
息子を誘ったら「え~!?面白そう。見てみたい!」となり
結婚式が終ったら鈴本へレッツゴー!!

写真 2019-05-12 22 06 34 (1024x768)
息子は落語そのものは聞かないけど落語の絵本を夜寝るときに読み聞かせしているので
少なくとも101の演目は知っています
僕の帰りが遅くない時に1、2話ずつ読んでるんだけど1年以上経つかな
もう5周くらい読んでますわw




写真 2019-04-20 17 19 21 (800x600)

写真 2019-04-20 17 19 45 (800x600)
この日、夜の部のトリは春風亭一之輔

途中休憩を挟むとはいえ小学生に3時間も耐えられるのか心配だったけど
奇術(マジック)や太神楽などのイロモノ(落語以外の見世物)がありほとんど退屈せずに観賞してた
彼の知ってる演目が1つかしかなかったのが残念だったね

しかしながら、トリの一之輔師匠は素晴らしかった!

初めて聞く演目(ネタ)だったんだけど、僕も含めてドッカンドッカンと会場は大爆笑!
息子も大笑い!

普段は笑うといっても『ニヤリ』って程度だけど、今日初めて声を出して笑ったわw

★★★

過去に定席寄席(その時も鈴本)で1度、愛知で行われたホール落語で1度と
ナマの落語観賞を2度したことがあるんだけど、終ってしまうと何の演目をやったか忘れてしまう
まぁ、当時は知らない演目のほうが多かったということもあるんだけど
その反省を活かして、今回からは観賞しながら演目をメモることにした



本題である落語が始まる前に『マクラ』と呼ばれるフリートークがあるんだけど
ここからどんな演目をやるのか推理が始まる
全く本題と関係ない無駄話のときもあるけど、その場合は本題のイントロ部分で予想する
…この予想作業も結構楽しい

『ちょいとおまいさん、起きとくれよぅ。働きにいっとくれよぅ』って始まったら
お!?『芝浜』だな!みたいな、ね

写真 2019-05-05 23 59 24 (1280x960)

最後の一之輔師匠のやったネタ、古典だろうとは思うんだけど
知らない噺だったんで、後で周りの客に声をかけて聞いてみたけど
誰も知らない(でも、みんな大笑いしてた)
で、あとでネットで探したら

『夢八』

と、いうことがわかった
※前半の演目のメモがない部分はウトウトしてて聞けてませんでしたw

★★★

ホテルに戻り風呂に浸かりながら息子と落語談義に花が咲きました
今日のことでかなり落語に目覚めたっぽいですw

結婚式

昨年の夏、相手のご両親と初顔合わせの帰り際
「次お会いするのは来年の4月ですね」と挨拶をした

『きっとすぐその結婚式の日になるんだろうな』と思ったら
やっぱりすぐその日が来たw
「いや~、どーもどーも!」と今日が2度目なのに
まるで先週会ったばかりみたいなノリで向こうのお父さんと再会

ず~っと忙しかったんだよ。。。
今月も式のために3連休とったけどその前後は仕事ビッシリ!
おかげで緊張してる余裕がなくあっという間に終れてよかった

写真 2019-04-30 22 55 49
和式なんだか洋式なんだかわからない今風なナウい結婚式でした♪

初めて会ったのがちょうど今の息子くらいの年で
ヤンチャで可愛い女の子で将来どんな美人になるかと思ったら
途中ギャルになり反抗期を迎え、家を飛び出し
数年後に「結婚前提で付き合っています」と紫色の頭をした男を連れてきたかと思ったら
もう結婚ですか。。。

早いなぁ。。。

写真 2019-04-30 22 56 30

新郎も新婦も素敵な友だちに囲まれているようで安心しました
末永くお幸せに。。。



ちなみに、ウルッとは来たが必死に泣くのは耐えたゼ!