FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP城郭/寺社仏閣 ≫ 駿府城

駿府城

駿府城公園にやってきました!

写真 2017-05-03 10 14 19 (1024x768)
巽櫓(タツミヤグラ)

写真 2017-05-03 11 02 17 (1024x768)
坤櫓(ヒツジサルヤグラ)、、、からの眺め^^;
富士山が見えます!

ありしの駿府城は天守から富士山を眺めることができた贅沢なお城!
さすがは天下人のお城!

駿府城は堀の一部しか現存しておらず、櫓は伝統工法で復元したもの
写真 2017-05-03 11 25 29 (1024x768)
天守は江戸時代に火災で焼失した後、再建されていません。
現在は天守台を発掘調査中

写真 2017-05-03 11 26 48 (1024x768)

写真 2017-05-03 11 37 44 (1024x768)
土を掘り起こしたら、こんな石垣が出てくるなんて、ワクワクものだな!

一応、天守の復元案があるようですが、今現在でこの段階なので
僕が生きてるうちに復元されるのでしょうかね。。。

ちなみに、駿府城天守の図面や絵図はないので完全な復元は不可能です
なので、仮に完成しても正確には『復元天守』ではなく『復興天守』になる

写真 2017-05-03 10 33 23 (1024x768)
断片的な資料を集めて作られた天守の模型

他のお城と違う特徴は天守台(石垣)の上にそのまま天守がくるのではなく
天守台の周りを多門櫓(でいいのかな?)囲ってその中央に天守が建っているとこ

写真 2017-05-03 10 34 20 (768x1024)

写真 2017-05-03 10 34 30 (1024x768)
こうゆう構造
言ってることわかるかな?



建造物としては復元された櫓2つのみだし
展示資料も少ないので、子どもウケが悪かった。。。^^;

僕個人は
隆慶一郎著『影武者徳川家康』の駿府城築城のエピソードが胸アツだったので
感慨深いものがあったけどね



『影武者徳川家康』
高校生のときに読んだ切りなので詳細忘れたけど
歴史が好きなら超面白いのでオススメ!
マンガ『花の慶次』の原作である、『一夢庵風流記』の流れで読み始めたんだけど
『一夢庵風流記』以上に興奮して読んだ記憶がある
『影武者~』に関しては2,3回読み返した

マンガ化もドラマ化もされたけど、全て中途半端!
小説の面白さの10分の1も伝えられていない!

あぁ、また読みたくなっちゃったなぁ

★★★

子どもがあまりにしょんぼりした顔をするので帰りに掛川城に寄ってあげました^^
写真 2017-05-03 14 37 40 (1024x768)
これで2度目ですが、復興天守と現存する御殿もあるので
子どもは大喜びでした^^

★★★

≪自宅から新幹線で日帰りで行けるお城シリーズ≫、
残すところ小田原城のみとなりました!

※ちなみに“自宅から新幹線で日帰りで行けるお城”は、
彦根城、掛川城、駿府城、小田原城です。
駅から降りて歩いて行けるのが条件です。
乗り換えないといけないのはダメです。
浜松城は頑張れば歩いて行けられなくもないかもしれないけど。。。


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL