FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP映画/ドラマ/アニメ ≫ 『幕末太陽傳』

『幕末太陽傳』

視聴
001_20140418001201172-345x530.jpg
※1957年の映画なので本編は白黒映像です

有名どこの落語の演目をいくつか組み合わせて作られたオリジナルストーリー
人物設定やセリフなどで落語を知ってるとニヤリとする場面がたくさんあって非常に面白かった

0692dbe4.jpg
※当時の映画ポスター

★★★

登場人物が海(浅瀬)に落とされ、右手に猫(死骸)の首を掴んだ状態で這い出てくるシーン
「うわ~ッ!?」と言ってそれを放り投げるんだけど
実はそれ『本物の猫の死骸』だと後で知ってビビッたw

『スゲ~、リアルじゃん!首伸びてるし!』なんて思いながら見てたんだけど
まさか本物だとは!!
今だったらクレームだゾ!?w

スポンサーサイト



Comment

No title
編集
今それやったら動物愛護団体から苦情が・・・
昔は結構無茶してますよね~色々と。
小学生の頃大好きだった保毛尾田保毛男まで今や問題になってるからね。
まあダメなモンはダメだねw
2017年10月02日(Mon) 19:36
Re: 除庵さん
編集
> 昔は結構無茶してますよね~色々と。

ゴールデンタイムにお○ぱいポロリなんて余裕だったしねw

保毛尾田保毛男ね、問題となった番組は見てないけど、昔見てたよ。
友だちとよくモノマネしてたわw
今、『ホモ』って言葉出したところで子どもたち意味わかんないだろうし、そもそもその問題となった番組だって子どもが見るようなもんでもないだろうに。。。
規制、規制ってちょっとやりすぎな気もするねなぁ。
2017年10月02日(Mon) 23:36
追記
編集
猫の首を掴んだ役者さん

その役者さんが楽屋で可愛がってた猫みたい。
今の人の感覚だと悪趣味に映るけど、その役者さんなりの愛情表現だったのかもなぁ。
亡くなるまで猫に対して毎日お祈りしていたそうです。
2017年10月02日(Mon) 23:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL