FC2ブログ

ほにログ!

私、ほにほにのブログってこと(* ̄∇ ̄*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP日記 ≫ 半田赤レンガ建物

半田赤レンガ建物

南吉の生家からクルマですぐ

昔から気になってた建物
瓦を作る工場だったのかなぁ?って思ってた
その時は多分何にも利用されていないただ『古い建物』だったと思う

いつのまに足場が組まれ、ネットが覆いかぶさり
あれ?解体かな?と思ったらこのような観光名所に生まれ変わっていた!

写真 2017-09-30 14 47 51 (1024x768)
実は本当に解体される予定だったんだって!
市民の声で解体工事の途中でストップ、保存することになったそうです

写真 2017-09-30 14 46 15 (1024x768)
横浜の赤レンガ倉庫と同じ人が設計

写真 2017-09-30 14 45 29 (1024x768)
銃弾の跡

写真 2017-09-30 14 45 40 (1024x768)



この建物、もともとは『カブトビール』というビールを作っていた工場なんだって!
時代は明治
そのころ、すでにキリン、アサヒなどのビールが全国をシェアしてた中、
最後発のビール会社としてここ愛知より誕生したビール
戦争の都合で閉鎖されるまでは全国に出荷されてたようです

建物の中はそのカブトビールに関する資料館になっていた
撮影不可だったので紹介できないけど、ビール好きなら楽しめます!

写真 2017-10-09 21 49 57 (768x1024)
当時の味を再現したビール
純粋に美味さを求めるならスーパードライとか買ったほうが安くて美味いです
が!これは飲むことで明治や大正へ時間旅行ができますよ(´∀`)



半田と言えば、今や世界にもシェアの伸ばしているミツカンがある街
醤油や日本酒も作っていた醸造の街
ビールを造ろうとするのはごく自然な流れだよね

カブトビール製造のスタート時は、のちに敷島パンの創業者も参画してたそうで
ミツカンが愛知の会社ってのは知ってたけど、敷島パンもそうだったんだね

★★★

新美南吉記念館から始まって赤レンガ建物と来ていい時間になってしまったので
今回は終了!
まだ半田市はミツカンミュージアムや国盛(酒の文化館)など見学できる施設があるので
次回はぜひそちらへ行きたいです
※カブトビール、ミツカン、国盛、、、ルーツは全部同じだったはずw

おしまい


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL